Today's Table

今日もていねいに。

September 2013

b0d95ac5.jpg

ひとことでパンと言ってもその個性は様々。
色も形も素材もいろいろ。表情も違えば持ち味も違うのだから...と
パンひとつひとつががより生き生きと見えるお皿を一枚一枚選んでみた。
主役も脇役もない。みんないい顔してる。


 

写真 2
モーニングナシと言っても朝ごはんがないわけじゃない。
ナシがだいぶ熟れてきたのでジュースにしてみた。

モーニングナシジュース----
ナシ 1個
ハチミツ ほんの少し
水 ほんの少し

適当な大きさに切ったナシを皮ごとバイタミックスでガガガー。
水分たっぷりだから、水は入れなくてもよいけれど、
ほんの少し入れたほうがミキサーの回転がよくなるのでおすすめ。

うますぎて言うことナシ。はい。はい。

写真 1

不定期開店。深夜の気まぐれ食堂。
開店時間も閉店時間も決まってなければ品書きもない。
料理長の気分で決まる本日の深夜食堂は煮魚定食。

鯛の煮付け----------------------
鯛の切り身 2枚
生姜 ひとかけら
白髪ネギ 少々
酒 100ml
てんさい糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ2

仕上げ用
みりん 大さじ1
たまりしょうゆ 大さじ1

つけあわせ
里芋 2個

鍋に酒とてんさい糖を入れてまずは強火でひと煮立ち。
鯛の切り身と生姜、食べやすい大きさに切ったつけあわせの里芋を入れて
しょうゆを上から回し入れたら落し蓋をして15分ほど煮込む。
煮汁がなくなってきたら仕上げ用のみりんとたまりじょうゆを加えて
もうひと煮立ちさせたら蓋をしてほんの少し蒸らして出来上がり。

写真 (15)

どうして麺類って無性に食べたくなって、食べるまで気が済まないのでしょう。 
ラーメンも、パスタも、うどんも、素麺も。そして今宵の 標的は蕎麦。
断然冷たい蕎麦派だけれど、このところ冷房のききすぎる場所にいるせいか
温かいのも捨てがたい。。。そんなときにもってこいなのが鴨せいろ。
とは言えこんな夜更けまでやってる蕎麦屋も近所にはないので、
もう残された道はただひとつ。自分で作るのみ。

数日前にみつけて喜び勇んで多めに購入した鴨。
まるでこの日が来るのを待っていたかのよう。。。

自家製鴨せいろ---------------------------------
鴨 200gくらい
ネギ 1本
だし汁 200ml
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
蕎麦 200g

鴨とネギをグリルで両面をこんがり焼いたら
だし汁にその他の調味料を合わせたものに入れたら煮込むだけ。
蕎麦はかために茹でて氷水でキリリとひきしめておく。
これだけでいいのかな?と思いつつもそれらしいものができたので食してみた。

おいしい!けどちょっと味がうすめかな。
単体でスープとして飲むぶんには丁度いいのだけれど
蕎麦と合わせたときにはもう少し濃いめのほうがいいかも。
ということでめんつゆをほんの少し足してみたらより一層おいしくなった。

おまけ。
写真 (14)
これまた多めに鴨だし汁を作ったので、次の日の夜に雑炊にしてみた。
こここここここれはおいしい!!!そしてはじめての味。
鴨とネギのうま味たっぷりのだし汁をお米がぎゅっと吸収してうまい。

カモだけどウマい...ん?

↑このページのトップヘ