十勝青大豆おからと十勝百合根のコロッケ
今週はほんとトカチプウィークだわ。
ある日は外で、ある日はテイクアウトで、
そして今日はお家で十勝の食材をいただきます。

トカチプマルシェで仕入れた百合根とアンデス芋。
そしてトカチプ参加店の太田屋とうふ店で購入した青大豆おから。
3つの食材を使って2品作ってみました。

十勝青大豆おからと十勝百合根のコロッケ--------
[材料]
具材
・青大豆おから 250g
・豚赤身ひき肉 150g
・百合根 1個
・たまねぎ 1個
・なたね油 少々

味付け用調味料
・酒 大さじ1
・てんさい糖 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・牛乳 大さじ2

・小麦粉 適量
・パン粉 適量
・たまご 1個

揚げ油 ※油は半々の割合
・なたね油 適量
・グレープシードオイル 適量

[作り方]
①百合根を1枚ずつほぐして洗ったら黒い部分を取り除いて5分ほど茹でる。
②フライパンになたね油を熱して、豚ひき肉を炒めて焼き色がついてきたら
 みじん切りしたたまねぎを加えてしばらく炒める。
③②のたまねぎがしんなりしてきたら青大豆おからを加えて軽く炒める。
④③の具材がよく混ざったら牛乳を除く味付け調味料を順番に流し入れて
 よくかき混ぜて全体に味をなじませる。
⑤ボウルに④を入れて粗熱をとったら牛乳を加えてやさしくこねる。
⑥しばらく具材をこねて全体がしっとりしてきたら下茹でした百合根を加えて
 再びこねる。※百合根が潰れないように軽くこねる。
⑦⑥の具材を好みの大きさにまるめる。
⑧バットに衣の材料を入れて、小麦粉→たまご→パン粉の順に⑦にまぶしておく。
⑨フライパンになたね油とグレープシードオイルを入れて中火で⑧を揚げる。
 ※あらかじめ具材に火が通ってるので揚げすぎなくて大丈夫。
⑩コロッケの両面がこんがりと焼けたらキッチンペーパーの上に置いて
 余分な油をとったらお皿に盛りつけて出来上がり。
十勝青大豆おからと十勝百合根のコロッケ
青大豆のおからは味は濃厚なのに舌触りがしっとりとしているから
揚げてもパサパサにならず、なめらかでおいしい。
そこにほくほくとした百合根の甘みと食感がたまらない。
下味がついているのでそのまま食べてもおいしいし、
軽く塩をしたり、柑橘系のものを合わせたり、
ちょっと変わり種でマヨネーズやしょうゆも相性抜群。
思いがけずいろんな組み合わせの味を楽しめました。
十勝青大豆おからと十勝百合根のコロッケ

アンデス芋のフライ&チップス-----------
[材料]
具材
・アンデス芋 2個
・塩 適量

揚げ油 ※油は半々の割合
・なたね油 適量
・グレープシードオイル 適量

[作り方]
①アンデス芋を洗って皮付きのまま切る。
 フライ用は短冊切りに。チップス用は薄切りに。
②①をザルにあけてしばらく水気を切っておく。
③フライパンになたね油とグレープシードオイルを入れて中火で②を揚げる。
 ※コロッケを揚げる前の方が油がきれいなのでお芋から揚げる。
  先に芋を揚げたら揚げ油にほんのり甘みがつくかな、なんて期待も込めて。
④芋がうっすらと色づいたらキッチンペーパーの上に置いて熱いうちに塩をふる。
アンデス芋のフライ&チップス

切り方を変えるだけでこんなにも感じ方が変わるのかと驚きの一品。
食感は勿論のこと甘みの伝わり方も全く違う。
フライはホクホクとして芋の甘味が濃厚に感じておいしいし、、
チップスはカリカリと香ばしい食感の後にほんのり甘みが感じられておいしい。
良し悪しではなく、どちらも個性があってこれはとってもいい。

コロッケもフライもチップスも十勝の恵みたっぷりでおいしゅうございました。
縁の下の力持ちの十勝のなたね油もその姿こそ見せないものの、
食材の味をうまく引き出してくれたのかな。うんうん。