おでん
寒い日はからだの芯から あたためてあげよってことで
おでん屋はじめました!が… お客さんがまだ来ないから
店主が食べてしまおうかのぅ。。。

ところで「おでん」ってどうしておでんって言うのかしら?
ふと疑問に思い調べてみると・・・

※ウィキペディアより引用
------------------------------------------------------------
「おでん」は元々、田楽を意味する女房言葉である。
田楽は室町時代に出現した料理で、
種を串刺しにして焼いた「焼き田楽」のほか、
種を茹でた「煮込み田楽」があった。
江戸時代になって「おでん」は「煮込み田楽」を指すようになり、
「田楽」は「焼き田楽」を指すようになった
------------------------------------------------------------

とのこと。ふむふむ、おでんのでんは田楽から来てるのですね。
ちなみに「女房言葉」とは同じくウィキベディアによると・・・

------------------------------------------------------------
女房言葉(女房詞・にょうぼうことば)とは、
室町時代初期頃から宮中や院に仕える女房が使い始め、
その一部は現在でも用いられる隠語的な言葉である。
語頭に「お」を付けて丁寧さをあらわすものや、
語の最後に「もじ」を付けて婉曲的に表現する文字詞(もじことば)
などがある。
------------------------------------------------------------

なんですって。なるほど。
言葉の由来や意味を知ると味わいも深くなる。
食を通じて歴史を知る。食こそ奥深いものですね。 

なんてうんちく話はそこそこにして
あたたかいうちにフーフーフーといただきましょ。